木製教材のあたたかさの秘密

こんにちは。

室越です(^^)

今日はUnokyo幼児教室オリジナル教具に

ついてお話ししたいと思います。

 

Unokyo幼児教室のオリジナル教具は

森山恵吾先生という、

数々のヒット教具を30年に渡って

開発してきた先生が開発しています。

 

あの、藤井聡太7段が将棋を始める

きっかけとなった、

スタディ将棋という教具も

先生の開発したものです。

 

幼児向け玩具のヒット商品は

「動き、光、音」

というのが鉄則なのですが、

 

Unokyo幼児教室のオリジナル教具は

木の素材を活かしたとてもシンプルなものです。

大切なのは子供自ら考え、

手を動かすことが重要であると考えているためです。

 

素材にも拘っており、国産材、

しかも東京の多摩産材を多く使用しています。

 

制作は多摩地区の社会福祉法人日の出舎で

行っています。

外国産材の方がコストは抑えられるのですが、

輸入などにかかる輸送時の環境負荷が

多摩産材より高くなってしまいます。

 

そもそも木を使うことが、木の伐採に繋がり、

環境に悪いのでは?

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

木が多くの二酸化炭素を吸収し、

酸素を放出するためには、

適切に森林を管理しなければいけません。

 

実は私は大学で木造住宅の

環境負荷について研究していたので、

ちょっぴり詳しいのです。

 

木は二酸化炭素を吸収し、

酸素を放出すると思っている方は多いでしょうが、

これは若い木に限られます。

おじいちゃん、おばあちゃんの木は

あまり二酸化炭素を吸収しません。

 

そのため、そう言った木を適切に

伐採する必要があります。

 

このように適切に伐採された間伐材を使って、

Unokyo幼児教室オリジナル教具を作成しています。

環境にも優しい多摩産材を使って、

自ら手を動かし、

考えられる子が育つだけでなく、

環境とも共生できる子に

育ってくれるといいですね。

 

 

PS.

Unokyoインストラクターに

興味がある方は、

こちらからご相談くださいねませ。

(疑問や質問にも丁寧に対応させて頂きます)

 

教室やそのほかのお問い合わせは

こちらからどうぞ!

【お問い合わせ先】

info@unokyo.co.jp 

SNSで繋がろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です