先輩ママから情報収集する子育ての落とし穴

こんにちは、育脳子育て右脳教育の専門家 広見有紀です。

あなたは先輩ママから意識的に情報収集していますか?

さて、タイトルを見て「私だ!」と思われる方、多いのでは?

先輩ママとは、大きな意味で、自分の親もあてはまります。

先輩ママや専門家から、ひたすら情報集め、真似する

を心がけている方が、とくにワーキングマザーには

多く見られます。

人を育てることと、

自分を育てることは切り分ける

仕事でいうならば、人を育てる役職者の役割と

親の役割は似ているかもしれません。

・人を育てること

・自分を育てること

これをごちゃまぜにするのはとても危険。

自分を育てたいときは、

自らの目標意識を持つことは有効ですが、

子どもの成長に目標を持つのは、

子どもからしたら、迷惑な話です。

一生懸命、情報収集し、

シェアしあうママさんの会を見ると、

「真似しようと張り切らないでね」

といつも思います。

情報収集している時のあなたの思考は?

またこれをいつもしていると

人は意識しないうちに「比較する」左脳的思考が

働きすぎてしまうのです。

こういくことをしたがるママが多いのは、

そのように育ってきたから。左脳教育こそが

優秀な子を育てるとされて、あなたも親から

受けてきたでしょう。

きっとまじめに生きてこられたと思います。

しかし、この偏った方法は卒業した方が、

心が元気になります。

•子どもの心を育むこと

•ママの自己肯定感を高めること

が何よりも大切です。

ここがずれていると、面白いように子育ての悩みが深まります。

何を隠そう、私もそうでした。

今では、それがあり、

自分を成長させることも楽に考えられるようにもなり、

息子には感謝です。

あなたの目で、正面から子どもを見てみよう

誰よりも愛する我が子なのに、

いつのまにか〜ができない、〜タイプだから練習しとかないと、

と気づいたら「うちの子はできない」前提で

動いていませんか?

でも、本当に大丈夫?と子どもの成長に

不安になるのが子育て。

「人を育てる」という

大事な仕事なわけで。

ママ一人で頑張らないで、大丈夫。

もっと客観的に、

あなたのことも、お子様のことも

応援できるのが、

私の愛する、UNOKYOインストラクターです!!

(私は講師の育成、サポート全面に行っています!)

ぜひ、教室に体験にいったり

(西八王子、奄美大島、大阪準備中、

その他どんどん教室が増えていく予定です!!)

本部のワークショップ、ママカフェに

遊びにいらしてくださいね。

待ってます!!

〇〇力を引き出す会話で、自力で解決できる子に成長する!

こんにちは、育脳子育て、右脳教育の

専門家、広見有紀です。

さて、今日は育児の手が

かからなくなってきた

4歳〜6歳のお子様のママへ。

4-6歳、この時期に

育てておきたいことは何ですか?

きっと出てくるのは

◆好き嫌いなくてご飯を食べられること

◆友達と仲良く遊べること

◆幼稚園、保育園に楽しく行けること

◆自分でお片づけができるように

など、実生活にまつわることからはじまり、

◆基礎学力に繋がる、継続力、達成感など

習い事を通じて育む

◆好きなことを見極めてあげたい

など、当たり前ですが求めること、見ている世界は

ひとそれぞれ、親次第だと思います。

自力で解決できる子になるには?

〜想像力を育む

さて、ちょっと考えづらいかもしれませんが、

20年後、成人になったお子様を

思い浮かべてみて。どんな大人に

なってほしい

自立した子?

最近のママは、自立という言葉がかなり浸透してきているのか、自立した子という方が多いですね。

自立をもう少し具体的な表現にすると〜

親に頼らずに、

自分の力と人からも力を借りて、

生きていける

みたいな感じでしょうか。

 

そこでほしい脳力は 想像力!

目に見えないことを想像するちから。

UNOKYO幼児教室に来ていただけたら、もちろん無理なく(とても重要!)

想像力を育めます。

では、家でできるヒントも、お伝えします。

どう思う?

の会話を増やしたり、絵本読みをした後にも質問してみよう

これは、最初は「分からない」と子どもから

答えが帰ってくるでしょう。

その時は、遠慮せず「ママはね〜」と

ママのどう思う?の

意見をシェアします。それで頭に入ります。

 

子育ての悩みは一問一答ではない

いろいろ話はしましたが

検索すれば、一問一答のような答えや、

自分はまだマシと思うような、悩んでいる人に出会い、

誤魔化せるかもしれません。しかし、それはまた繰り返します。

「子育ての悩みは、自分を成長させる宝」と

思っています。

ぜひ、ママカフェやワークショップで

直接話にいらして下さいね!!

待ってますよ〜。

 

 

そろばん教室、お受験塾の先生へ成果を出す耳寄りな情報

こんにちは、育脳子育て,右脳教育の専門家広見有紀です。

幼児教室開校って現実味ありますか?

ピアノの先生、塾の先生、そろばん教室の先生、リトミック教室の先生、英語の先生など、個人で子どもの習い事教室を経営されている方に質問です。

ピアノが弾ける→先生になる

受験勉強を経験して結果を出した→塾の先生になる

この流れからすると

右脳教育をしてきた→右脳教育の幼児教室を開く

となるのだと思うのですが、そんな経験をした人はごく僅か。自分が経験していないことの先生になるのは最初は身近に感じられないかもしれません。

しかし、成長する子どもたちに、あなたの経験したものだけを伝えないと、などと悠長なことを言っていたら、可能性を摘んでしまいます。

子どもの先生には脳の発達を知ってほしいと思うわけ

私は元々教育関係者ではなく、初めての教育が右脳教育の先生でした。生徒さんからの話と脳の仕組みを知れば知るほど、右脳教育は能力を発揮させる土台になることを知りました。

◆塾でトップクラス、集中力、発想力が凄い子→右脳教育を受けている

◆頭脳的なサッカーができる→右脳教育を受けている

◆ピアノの練習をガリガリならずして、スマートにこなす、良い音色を奏でる→右脳教育を受けている

◆そろばん教室では小学生からだけど、年長からはいれる特待生→右脳教育を受けている

こんな私の僅かな情報でも聞くということは、どれだけ右脳教育は縁の下の力持ちになれるのだろう、この際、お受験塾とそもそもコラボしたらよいのでは!!思いました笑

右脳教育で成果を出すポイントは

間違えなく、保護者の理解と先生の専門性が必須です。知ったつもりの本やネット情報、ぜひUNOKYOワークショップで答え合わせをしに来てみてくださいね。

 

 

 

 

フラッシュカードは良さそう?怖そう?

こんにちは、育脳子育て右脳教育の専門家

広見有紀です。

さて、きょうの質問はこちら

フラッシュカードは良さそう?怖そう?

幼児教育で検索したら、一番に出てくるのが
・・・・・フラッシュカード。

・高速にめくる、不自然な早さに
疑問を持つ方と

・頭に良さそう!
と思う方と

二極化すると経験上感じます。

ほんまでっかTVでも認知度が
高い、脳科学者の澤口俊之さんが、
脳トレ、右脳教育ダメダメ説を唱えと
いらっしゃいます。

その内容は、
フラッシュカードをやると、
子どもの注意力が散漫になったり
ADHDの傾向がみられるようになったという

データもあるそうです。

だとのこと。

現場知っている私からしたら、
間違った使い方した人だけをあげて
全部とおっしゃるのは、
無責任な意見だと思います。

確かにデリケートなんです、
やり方が大事です。

だからフラッシュカードを扱う
プロがやる教室で
正しい知識やり方を知ってから
取り組んでほしいです。

でも、澤口先生を全否定しては
いません。

HQ理論は、人間性をうたっています。

それは、私も共感します。

これは、遺伝があるのだとか。
子どもの性格辿ると、

両親のどちらかに似ていることが多いですよね。
こちらも環境次第で成長できます。

幼児期の関わりが注目されているのは
事実です。

でも、経験知識がない、ベースがない中で、

本だけの一方通行の情報を
得るのは危険な場合もあります。

ますます、教室の必要性を
感じている私です。

また、講師の方向性がきわめて重要なので、

より、講師を育てることにも力を注ごう!!

と思っている次第です。

 

ママであるあなたも、

先生のあなたも、

ぜひ、教室へ、

またはUNOKYO本部でおこなっている

「右脳教育で語ろう!ワークショップ」

にいらして下さいね。

2週目金曜に行っています。

次回は、6月15日。お待ちしています。

 

右脳も左脳も使えると、子育てが楽になる?!

こんにちは、

育脳子育て、右脳教育の専門家、広見有紀です。

さて、質問です。

あなたは、直観力を

意識して日々過ごしていますか?

脳には、感覚や直感と言った
感じる力があり、感性と大きくは
言われたりします。

人はいやな予感、のマイナスの方を
感じやすいと言われています。

でも、良い予感を感じられるように
なると、人生好転するとまで言われています。

ちょっと目に見えない話なので、
私は最初この話を聞いた時には
しっくりこなかったです。
そんな方が

いらっしゃるかもしれませんが、

大丈夫、ただただ聞いていて
ください。

・この誘い、行ったらなにか楽しいことに

なる!行った方が良い!!

と感じた経験はありますか?

なんとなく、気になる・・・

それを信じて、決めたりすると
よい結果になることが多いです

ーこれは右脳的な思考を使っている時。

 

私の話で言うと、仕事。
やっていれば、迷ったりすることも
あります。

こんなに時間かけて、何になるんだろう・・・

喜んでくれる人はどれだけいるのか?

こんなことを考えている時は、

全然ワクワクしない。

また子育てでも、

自分は関心ないけれど、

勉強しておいた方が良さそうだ。

そんな選択をしている時がきっとあるのでは?

何かと比較して、どちらが損か、得かを

基準に考えるー左脳的な思考を使っている時。

一方、

・楽しいからやりたい!

・気づいたら没頭していた!

楽しい、心が満たされるかを

基準に感じている=右脳的な思考を使っている時

 

左脳的思考はきっと、大人ならば

身についているでしょう。

しかし、右脳的な思考は

使っている人は、大事な時に使えて、

大事な選択をぶれなくすることができます。

これは普段から意識していないと
つかないと言われています。

右脳も左脳も使える子育てを目指そう

あなたも第六感を
感じた生活、ぜひしてみて下さい!
興味をもったり、いつも心に
描くことで引き寄せられます。

どうしたら、よいか?

・いつも自分の心の声に敏感であること。

・自分の好きを追求すること

・犠牲、我慢の感覚を極力減らすこと

また、UNOKYOレッスンで

先生も、親子も、

右脳的な感覚を使えます。

レッスン受けるのも、手っ取り早いですよ。

まずは、プロの手を借りましょう!!

英語は0歳〜6歳にやる?やらない?

幼児期(0歳から6歳)に英語を

聞き分ける耳は作られる?

これは子どもをもつママならどこかで

聞いたことがあるでしょう。

母国語を獲得してから多言語に触れないと

混乱するのではないかと言う話もあるし・・・

迷うママは多いでしょう。

 

大事なことは、何を目的にするか?

UNOKYO的な観点から、お話します。

(意見は様々ですから!)

幼児期には、五感を使うと良い

という話を聞いたことはありますか?

いろんな音を聞いたり、

いろんな物を見たり、経験したりしましょうと

いうことです。

その一つと考えると、赤ちゃん、子どもには

英語は遊びの一つ、楽しみの一つです。

自然と日常にとけ込んでいたりする英語は

何ら特別なものでは

ありません。

英語だ!と気合いを入れすぎずに、

取り入れてみてはいかがでしょうか?

結果的に、右脳を刺激する=感性、楽しみ

に繋がります。

また、こんなことは聞いたことがありますか?

幼児期(0歳から6歳)は

英語耳がつくられるという話

これは、私も多くの本を読みあさり、

また英語教育をしてきた

ママにリサーチしたことがあります。

結果からいうと、

「英語的な感性は作られる」ということです。

英語を途中で辞めても、

中学、高校になって触れた時に

・感覚が良い

・楽しく取り組める

など。これは、英語に絞った話ではありません。

幼児期に体験したことは、

三つ子の魂百までと言われるほど、

深い経験として体にしみこんでいきます。

幼児期がどれだけ大切か、

考えてみて下さい!!

英語が何かと話題ですが、その英語を

吸収良くするには、右脳教育は有効です!!

ぜひ、体験して下さい!!教室を案内したい

とことですが、今、

・西八王子

・奄美大島

に教室があります。その他の方には

ご案内できずに残念ですが、

ここに教室あったらよいな!

というご意見募集中です!!

・この保育園、幼稚園に導入してほしい

・今行っているリトミックの先生、大好きだから

その先生から右脳教育も学びたい!!

など。

あなたの知ってる、

素敵な場所、先生を

ぜひ、オファーして下さい。

「はやくやりなさい!」と言わないで大丈夫。子供のやりたい!は、右脳的思考で解決できる!! 右脳的子育てヒント

こんにちは、UNOKYO講師サポートチームの広見有紀です。

先日とママの子育て相談を受けていた時のこと。

お子様4歳は、最近、進んでお勉強ごとをしなくなったというのです。
とても簡単なプリントを毎日楽しく進めていたのです。
楽しくプリント(学び)をやる習慣を目標にされていたママはとても落ち込んでいらっしゃいます。

 

続きを読む