英語は0歳〜6歳にやる?やらない?

「幼児期(0歳から6歳)に英語を!聞き分ける耳は作られるの?」

これは子どもをもつママさんなら、どこかで聞いたことがあるでしょう。

母国語を獲得してから多言語に触れないと、混乱するのではないかと言う話もあるし・・・

迷うママさんは多いことでしょう。

 

大事なことは、何を目的にするか?

UNOKYO的な観点から、お話します。

「幼児期には、五感を使うと良い」という話を聞いたことはありますか?

いろんな音を聞いたり、いろんな物を見たり、経験したりしましょうということです。

その一つとして「英語」を考えると、赤ちゃんや子どもには、遊びの一つ、楽しみの一つなのです。

なので、自然と日常にとけ込んでいたりする英語は何ら特別なものではありません。

 

英語だ!と気合いを入れすぎずに、取り入れてみてはいかがでしょうか?

結果的に、右脳を刺激する=感性、楽しみに繋がります。

 

また、こんなことは聞いたことがありますか?

 

「幼児期(0歳から6歳)は英語耳がつくられるという話し」

 

これは、私も多くの本を読みあさり、また英語教育をしてきたママにリサーチしたことがあります。

結果からいうと、「英語的な感性は作られる」ということです。

英語を途中で辞めても、中学、高校になって触れた時に

 

★感覚が良い

★楽しく取り組める

 

など。これは、英語に絞った話ではありません。

幼児期に体験したことは、「三つ子の魂百まで」と言われるほど、深い経験として体にしみこんでいきます。

 

 

幼児期がどれだけ大切か、考えてみて下さい!!

英語が何かと話題ですが、その英語の吸収を良くするには、右脳教育は有効です!!

ぜひ、UNOKYO幼児教室を体験して下さい!!

UNOKYO教室一覧>>

 

 

ここに教室あったらよいな!というご意見募集中です!!

★この保育園、幼稚園に導入してほしい

★今行っているリトミックの先生、大好きだからその先生から右脳教育も学びたい!!

 

など。

あなたの知ってる、素敵な場所、先生をぜひ、オファーして下さい。

 

UNOKYO幼児教室についてのお問合せ>>

SNSで繋がろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です