右脳も左脳も使えると、子育てが楽になる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、

育脳子育て、右脳教育の専門家、広見有紀です。

さて、質問です。

あなたは、直観力を

意識して日々過ごしていますか?

脳には、感覚や直感と言った
感じる力があり、感性と大きくは
言われたりします。

人はいやな予感、のマイナスの方を
感じやすいと言われています。

 

でも、良い予感を感じられるように
なると、人生好転するとまで言われています。

ちょっと目に見えない話なので、
私は最初この話を聞いた時には
しっくりこなかったです。
そんな方が

いらっしゃるかもしれませんが、

大丈夫、ただただ聞いていて
ください。

・この誘い、行ったらなにか楽しいことに

なる!行った方が良い!!

と感じた経験はありますか?

なんとなく、気になる・・・

それを信じて、決めたりすると
よい結果になることが多いです

ーこれは右脳的な思考を使っている時。

 

私の話で言うと、仕事。
やっていれば、迷ったりすることも
あります。

こんなに時間かけて、何になるんだろう・・・

喜んでくれる人はどれだけいるのか?

こんなことを考えている時は、

全然ワクワクしない。

また子育てでも、

自分は関心ないけれど、

勉強しておいた方が良さそうだ。

そんな選択をしている時がきっとあるのでは?

何かと比較して、どちらが損か、得かを

基準に考えるー左脳的な思考を使っている時。

一方、

・楽しいからやりたい!

・気づいたら没頭していた!

楽しい、心が満たされるかを

基準に感じている=右脳的な思考を使っている時

 

左脳的思考はきっと、大人ならば

身についているでしょう。

しかし、右脳的な思考は

使っている人は、大事な時に使えて、

大事な選択をぶれなくすることができます。

これは普段から意識していないと
つかないと言われています。

右脳も左脳も使える子育てを目指そう

あなたも第六感を
感じた生活、ぜひしてみて下さい!
興味をもったり、いつも心に
描くことで引き寄せられます。

どうしたら、よいか?

・いつも自分の心の声に敏感であること。

・自分の好きを追求すること

・犠牲、我慢の感覚を極力減らすこと

また、UNOKYOレッスンで

先生も、親子も、

右脳的な感覚を使えます。

レッスン受けるのも、手っ取り早いですよ。

まずは、プロの手を借りましょう!!

  1. 株式会社UNOKYO 取締役
  2. 一般社団法人 日本右脳記憶教育協会 理事
  3. 広見式10歳脳育成アカデミー代表、育脳子育ての専門家
【経歴】
1976年東京都生まれ。2児の母。

大学卒業後、大手幼児教室を運営する企業へ就職。

東京本部教室の幼児教室講師として現場で担当クラスを受け持つ(英語、幼児、小学部、特別支援)

全国にある教室で新人講師の育成を行い、東京本部教務課にて主任、プログラム開発、親御様向けセミナー、講師向けセミナーに10年間従事する。

テレビ神奈川の帯番組「Yo!キッズ」で右脳トレーニングコーナーの出演、内容制作に従事。 その他テレビ番組取材を請い、多数のメディアに出演経験を持つ。

その後、独自の幼児教室『ままりずむcafe』で 脳トレダンス道場、脳トレダンスえいごの2コースを0歳から小学1年生のクラスを京都で4年間開講。

(現:広見式10歳脳育成アカデミー) 現在は育脳子育ての専門家「育脳」「脳科学」を切り口にしたメソッド「広見式10歳脳」という教育法を提唱し、10歳までの育脳を軸として、自立した子どもに育つ教育法を広めている。