三重・児童発達支援施設・エンジョイキッズにUNOKYO幼児教室導入①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、上に伸びる教育 

UNOKYO幼児教室のインストラクター育成をしている広見有紀です。

 

三重県にある児童発達支援施設 エンジョイキッズ   × UNOKYO

エンジョイキッズ×UNOKYO通信|UNOKYOスタッフによる右脳教育・幼児教育ブログ

9月から展開中です。

エンジョイキッズさんが培ってきた療育のアプローチに

UNOKYOの脳にアプローチするプログラムが展開されています。すでにたくさんの成果が!!

エンジョイキッズさんに、お問い合わせ下さい!!

 

質問です、

もしあなたのお子様が成長が

ゆっくりなお子様だったら、不安ですか?

それともそれも個性と前向きに受け止めますか?

正直、身近に見ていなかったら、想像すらできない・・・というのが

本心ではないでしょうか?

話は飛びますが、私の話をさせて下さい。

遥か昔になりますが、大学生時代、

なぜかハンディキャップの方の生き方を

感じ取りたいと思い、ボランティア活動をしていた時がありました。

その方は成人であり、自分は18歳。若輩者と思っていました。それなのに大切に扱われ、

同時に、とても前向きに今を生きる姿を見せてもらいました。そのことに

感銘を受けた記憶があります。

当時、「自分は頭が悪い、肌が汚い(ニキビがコンプレックスだった)、

太っている、華がない」と自分をダメダメ扱いをすることしかできませんでした。

だからこそ

「今こうしてゆきさんにあえて嬉しい」とか

「来週も来てくれるかな」

と言われ、尊い存在に扱われたことが初めての経験でした。

同時に、

自分で自分のことをいかにマイナスばかりみているのか、

ということにも気づかされました。

そして5年後、

ご縁は巡り、

幼児教室にいた時に目標にしていた

ハンディキャップコース

講師資格を取得。

晴れてクラスを担当しました

人生の大切な時期を共にすること、また講師としてママ達から期待されること、

期待に応えなければいけないということは分かっていました。

そんなことは辛い、大変だ、という気持ちよりも

やってみたい!という覚悟が勝っていました。

子ども達の大きく成長する姿をみて、

心から保護者と喜びあう瞬間は格別に幸せでした。

そして時は過ぎ、自分も結婚、出産し、

次のステージに行くぞ!と決意し、

サラリーマンを卒業しようと退職。

その時に感じた想いは、

「私はもうこうしてハンディキャップをもつお母さんや子ども達には関われないのかな・・・」

独立してからは自分の身の周りの人達に、

ひっそりとレッスンして貢献したいと思っていた私には、

当時の生徒さんには私は卒業するとだけ伝えました。

自分のママ友から子ども達と繋がるのが

身近な方法と思っていたので、

ハンディキャップを持つ子と出逢うこともないな、

と連想していました。それがとても残念だけど

しょうがないと諦めていました。

 

またご縁は巡り、

UNOKYO幼児教室を展開するから

中身を作ってほしい!という

オファーを受けました。

新しい世界を広げようという話に高揚しました。

そして今、UNOKYOの取締役にもなり、広げるための活動をしています。

とはいうものの、幼児対象と思っていたので、

児童発達支援施設という分野もわかりませんでしたし、

繋がれるとも思っていませんでした。

私の顕在意識では忘れていると思っていても、

潜在意識ではハンディキャップを持つ子ども達に関わりたいと

欲していたのでしょう。

ご縁は巡りました。

UNOKYOの役員から

「素晴らしいところと出逢えた!」と

紹介された「エンジョイキッズ」様!!

 

本当に鳥肌が立つほど嬉しかったことを昨日のように感じています。

三重のエンジョイキッズは三重ではとても認知度の高い

児童発達支援施設、放課後デイサービスです。

私の思いをドキドキワクワクが膨みながら、

エンジョイキッズ×UNOKYOを展開してゆくことになります。

続きはまた次回に。

 

児童発達支援施設や放課後デイサービス、そろばん教室、体操教室、

保育園幼稚園の差別化に!!ぜひUNOKYOメソッド導入を

おすすめします。

お気軽にお問い合わせ下さいね!!

三重県にある児童発達支援施設 エンジョイキッズ   × UNOKYO 

    ×   UNOKYO通信|UNOKYOスタッフによる右脳教育・幼児教育ブログ

  1. 株式会社UNOKYO 取締役
  2. 一般社団法人 日本右脳記憶教育協会 理事
  3. 広見式10歳脳育成アカデミー代表、育脳子育ての専門家
【経歴】
1976年東京都生まれ。2児の母。

大学卒業後、大手幼児教室を運営する企業へ就職。

東京本部教室の幼児教室講師として現場で担当クラスを受け持つ(英語、幼児、小学部、特別支援)

全国にある教室で新人講師の育成を行い、東京本部教務課にて主任、プログラム開発、親御様向けセミナー、講師向けセミナーに10年間従事する。

テレビ神奈川の帯番組「Yo!キッズ」で右脳トレーニングコーナーの出演、内容制作に従事。 その他テレビ番組取材を請い、多数のメディアに出演経験を持つ。

その後、独自の幼児教室『ままりずむcafe』で 脳トレダンス道場、脳トレダンスえいごの2コースを0歳から小学1年生のクラスを京都で4年間開講。

(現:広見式10歳脳育成アカデミー) 現在は育脳子育ての専門家「育脳」「脳科学」を切り口にしたメソッド「広見式10歳脳」という教育法を提唱し、10歳までの育脳を軸として、自立した子どもに育つ教育法を広めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る