そろばん教室、お受験塾の先生へ成果を出す耳寄りな情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、育脳子育て,右脳教育の専門家広見有紀です。

幼児教室開校って現実味ありますか?

ピアノの先生、塾の先生、そろばん教室の先生、

リトミック教室の先生、英語の先生など、

個人で子どもの習い事教室を経営されている方に質問です。

  • ピアノが弾ける→先生になる
  • 受験勉強を経験して結果を出した→塾の先生になる

この流れからすると

  • 右脳教育をしてきた→右脳教育の幼児教室を開く

となるのだと思うのですが、そんな経験をした人はごく僅か。

自分が経験していないことの先生になるのは

最初は身近に感じられないかもしれません。

しかし、成長する子どもたちに、

あなたの経験したものだけを伝えない

などと悠長なことを言っていたら、

可能性を摘んでしまいます。

子どもの先生には脳の発達を

知ってほしいと思うわけ

私は元々教育関係者ではなく、初めての教育が右脳教育の先生でした。

生徒さんからの話と脳の仕組みを知れば知るほど、

右脳教育は能力を発揮させる土台になることを知りました。

◆塾でトップクラス、集中力、発想力が凄い子→右脳教育を受けている

◆頭脳的なサッカーができる→右脳教育を受けている

◆ピアノの練習をガリガリならずして、

スマートにこなす、良い音色を奏でる→右脳教育を受けている

◆そろばん教室では小学生からだけど、

年長からはいれる特待生→右脳教育を受けている

こんな私の僅かな情報でも聞くということは、

どれだけ右脳教育は縁の下の力持ちになれるのだろう、

この際、お受験塾とそもそもコラボしたらよいのでは!!思いました笑

右脳教育で成果を出すポイントは

間違えなく、

保護者の理解と先生の専門性が必須です。

知ったつもりの本やネット情報、

ぜひUNOKYOワークショップで

答え合わせをしに来てみてくださいね。

 

 

 

 

  1. 株式会社UNOKYO 取締役
  2. 一般社団法人 日本右脳記憶教育協会 理事
  3. 広見式10歳脳育成アカデミー代表、育脳子育ての専門家
【経歴】
1976年東京都生まれ。2児の母。

大学卒業後、大手幼児教室を運営する企業へ就職。

東京本部教室の幼児教室講師として現場で担当クラスを受け持つ(英語、幼児、小学部、特別支援)

全国にある教室で新人講師の育成を行い、東京本部教務課にて主任、プログラム開発、親御様向けセミナー、講師向けセミナーに10年間従事する。

テレビ神奈川の帯番組「Yo!キッズ」で右脳トレーニングコーナーの出演、内容制作に従事。 その他テレビ番組取材を請い、多数のメディアに出演経験を持つ。

その後、独自の幼児教室『ままりずむcafe』で 脳トレダンス道場、脳トレダンスえいごの2コースを0歳から小学1年生のクラスを京都で4年間開講。

(現:広見式10歳脳育成アカデミー) 現在は育脳子育ての専門家「育脳」「脳科学」を切り口にしたメソッド「広見式10歳脳」という教育法を提唱し、10歳までの育脳を軸として、自立した子どもに育つ教育法を広めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る